子育て情報『アドバイスと違う娘の進級先を報告。主治医の先生の思いがけない言葉に涙した話』

アドバイスと違う娘の進級先を報告。主治医の先生の思いがけない言葉に涙した話

2018年4月18日 14:00
 


主治医の先生に、特別支援学級進級のための診断書を頼まなきゃ

夫婦で悩みながら、なんとか娘の次年度からの進級先を決めた私たち。

しかし、まだやることが残っていました。

それは、ずっと「通常学級」を勧めてくれていた主治医へ「特別支援学級にする」という報告をすること。そして、特別支援学級に進級するためには、主治医に診断書を書いてもらう必要があります。

関連リンク

・【子どもって不思議あるあるイラスト】「ぴよちゃん」 by こたつさん
・折りたたみ式が良い?エアー式が良い?おすすめベビーバスは?
・”○○ちゃんママ”じゃなくて…私の名前を呼んで!自分を見失いそうになった時の対処法3つ
アドバイスと違う娘の進級先を報告。主治医の先生の思いがけない言葉に涙した話の画像

Upload By SAKURA

実は、娘の進級先が決まる前から、7月にWISCという発達の検査を受けることになっていました。

今現在の娘の得意不得意を詳しく理解し、家庭・学校での生活や、今後に役立てたいと思い、「1年生になったら・・・」と予約していたのです。

7月の検査の日には、主治医の先生に会うことはできませんでしたが、WISC検査の結果が出た8月、先生から直接説明を聞くために病院を受診しました。


「これなら通常学級で大丈夫!」検査の結果を見て喜ぶ先生に言いづらい…

アドバイスと違う娘の進級先を報告。主治医の先生の思いがけない言葉に涙した話の画像

Upload By SAKURA

あんなに通常学級を勧めてくれていた主治医の先生に、「特別支援学級にしました」と言わなければいけません。

「通常学級の方がいいって言ったのに」なんて思われるんじゃないか…、ムッとされるんじゃないか…と、私は内心ビクビクしていました。

検査の結果、娘のIQは凸凹はあるものの、すべて平均点内で、総合IQは、90。知的障害はありませんでした。

主治医の先生は、この検査結果を見て、「項目によって凸凹が多いのは、こういう子たちの特徴だから。 知的障害はないですよ。 前より、実年齢と比べての激しい遅れもなくなっている。言語が苦手なだけで、今から少しずつ成長していくよ。ここまで来れたんだから! 成長のスピードも個性だよね!通常学級で大丈夫ですよ。」といつものようにニコニコ。

しかし私は、診断書をもらうため、先生に「娘の特別支援学級行き」を伝えなければなりませんでした。


思い切って「特別支援学級への進級」を報告

私は、テスト結果の説明を終えた先生に「実は、今の学校に特別支援学級があったことがわかりまして。2年生から特別支援学級に行くことにしました」と事情を説明しました。

アドバイスと違う娘の進級先を報告。主治医の先生の思いがけない言葉に涙した話の画像

Upload By SAKURA

私は、 今まで学校で起きたことや、 自分の今の思いを、主治医の先生にお話ししました。

「きっと今の先生は、お母さんと娘さんには合わなかったんだね。特別支援学級の方が、もしかしたら娘さんにぴったりの先生がいるかもしれないね。特別支援学級に行く…というよりは、特別支援学級と通常学級のいい所取りをしちゃいましょうよ!そう考えると、他の子より手厚いですね!」

先生は、ムッとするどころか、私がこの決定に揺るがないよう、後押しする言葉をくれました。

アドバイスと違う娘の進級先を報告。主治医の先生の思いがけない言葉に涙した話の画像

Upload By SAKURA


「みんなに合う担任なんていない」先生の言葉に救われる

1年生時に娘を担任してくれた先生は、低学年担任の経験も多いかなりのベテラン先生。クラスの保護者の方と話をしていても、皆さん今の担任の先生に、かなりの信頼を寄せていることはよくわかりました。

「お兄ちゃんが○○先生(娘の担任の先生)に担任してもらったよ。とってもいい先生!だから、この子も見てもらえて嬉しい!」という声を、何人かの同じクラスの保護者の方から聞きました。

悪い先生ではない…それはわかっていました。だからこそ、自分が違和感を感じるたび、どこの学校に行ってもある当然の対応のはず…と言い聞かせてきました。

そんな私の思いに、主治医の先生は言ってくれたのです。
「担任の先生との相性ってのは、すごく大事なんだよ。今の担任の先生がぴったり!って子もいれば、合わないなぁーって子もいる。
みんなに合う先生なんていない。娘さんにぴったりで、お母さんの考え方に近い先生に見てもらうのが一番だよ」

そして「お母さん、大変だったね~。いっぱい悩んで考えて…よく頑張ったね!」と労いの言葉までかけてくれました。それから先生は「よし!じゃぁ~診断書がいるよね?書くね!」 と、娘が特別支援学級に行けるように、診断書を書いてくれました。

いつも精神状態がバラバラで来る私を、ニコニコ迎えてくれ、話をしっかり聞いてくれる主治医の先生には、本当に感謝しています。 困った時に的確なアドバイスをくれ、娘のことばかりか、私の思いまで汲んでくれる主治医の先生との出会いをありがたく感じました。

アドバイスと違う娘の進級先を報告。主治医の先生の思いがけない言葉に涙した話の画像

Upload By SAKURA


絶対に正しい判断はないから。大切にしたい親としての正直な気持ち

娘の進学、進級問題において、当初から医者の意見に従えば間違いないと思っていた私でしたが、実際はそう簡単ではありませんでした。進学先、進級先を決める上で、主治医の先生の判断、アドバイスというものはなくてはならないものです。もちろん、専門の知識を持った先生ですから、その判断は医学的に見れば正しいのでしょう。

でも主治医の先生…担任の先生…周りの人…それぞれのアドバイスは、絶対ではありません。そのアドバイスや思いを聞いて、保護者が悩みながらも判断し、決定する…それこそが絶対に大切にすべきことだと今回の娘の進級先を決めた経験から気づきました。

主治医の先生であっても、来院した時の様子だけではわからないことがあります。私は今まで、発達外来の検診のたびに、学校での困りごとなどを話してきました。しかし、担任の先生に言われたことを、自分がどう感じているかや、やりにくさを話していませんでした。実際の学校生活の様子、担任の先生や周りの意見ももちろんですが、自分の感じることや不安…を正直に伝えることが大切だと思いました。

アドバイスと違う娘の進級先を報告。主治医の先生の思いがけない言葉に涙した話の画像

Upload By SAKURA

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.