子育て情報『発達障害小3娘、学校での友達関係はいつだって心配だけど...その様子は思っていた以上に良好!?母が心がけることも』

2020年1月22日 14:00

発達障害小3娘、学校での友達関係はいつだって心配だけど...その様子は思っていた以上に良好!?母が心がけることも


広汎性発達障害の娘の友達関係は...

広汎性発達障害の娘(小学3年生)は、小学2年生の時から特別支援学級に在籍しています。現在は、国語と算数以外の時間を交流学級で過ごしています。

特別支援学級所属になった当初、私は友達関係のことを心配していました。特別支援学級にいることでからかわれたり、いろんなことで少しずつ配慮されることを「特別扱い」と言われるんじゃないかと不安だったのです。

しかし、実際の友達関係は私の想像と違いました。

わが家には、幸運なことに娘の友達がよく遊びに来ます。今回は私が見た、娘と友達の様子を紹介したいと思います。


言い間違いを優しく訂正。

娘はまだまだ「て・に・を・は」や、言葉自体の言い間違い、使い間違いがよくあります。
そんな時、娘の友達は…

発達障害小3娘、学校での友達関係はいつだって心配だけど...その様子は思っていた以上に良好!?母が心がけることもの画像

Upload By SAKURA

言い間違いをバカにすることなく、優しい口調で教えてくれます。これが娘にも合っているようで、私が言ったら反抗してきそうな指摘を、友達だと素直に聞いていました。

そんな関係がありがたく、いつも私はお礼を言っています。


勘違いも笑ってくれる。

娘は、言い間違いも多いですが、聞き間違いも多いです。

知らない言葉もたくさんあるので、他の友達同士が話している会話を聞き間違えて、違う意味で捉えてしまったりすることがあります。

発達障害小3娘、学校での友達関係はいつだって心配だけど...その様子は思っていた以上に良好!?母が心がけることもの画像

Upload By SAKURA

そんな時も娘の友達は、笑ってくれます。

笑うといってもバカにする感じではなく、その場の和みとして捉えてくれた笑いで、娘の聞き間違いひとつで、みんなが長時間笑っていることもあります。聞き間違いがあって大丈夫、そう思うと安心して見守ることができます。


人と違うことをしても受け入れてもらえる。

遊びの中でも、周りをみたり、場の空気に合わせて行動を選んだりすることが少し苦手な娘。
周りと比べて、突拍子のない選択をしてしまうことがあります。

発達障害小3娘、学校での友達関係はいつだって心配だけど...その様子は思っていた以上に良好!?母が心がけることもの画像

Upload By SAKURA
あまりに周りとかけ離れた選択をしても、それはそれとして楽しんでくれる友達。

娘の特性や性格をわかってくれているような、その言葉かけに驚いてしまうこともあります。


好かれている安心感。

親がついつい助け舟を出したい場面もあるのですが、普段から仲良しなこともあって、思ったよりなんとかなっていることもあります。

発達障害小3娘、学校での友達関係はいつだって心配だけど...その様子は思っていた以上に良好!?母が心がけることもの画像

Upload By SAKURA

私たちがいろんな面で娘に対して不安に感じることは、友達の中ではもしかしたら大したことないのかもしれないと感じることができました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.