子育て情報『【新連載】診断、療育…!?ASD長男のこだわり、一緒に楽しめばいい――とまどいの日々の中で』

2020年2月12日 11:00

【新連載】診断、療育…!?ASD長男のこだわり、一緒に楽しめばいい――とまどいの日々の中で


お気に入りの水槽の前で2時間動かない息子

【新連載】診断、療育…!?ASD長男のこだわり、一緒に楽しめばいい――とまどいの日々の中での画像

Upload By taeko

【新連載】診断、療育…!?ASD長男のこだわり、一緒に楽しめばいい――とまどいの日々の中での画像

Upload By taeko

今6歳の長男ミミ。3歳10か月頃に自治体の療育センターで精神科医の先生と面談をした際に、口頭で「アスペルガーですね」と言われました。

そんなミミが2歳の頃、休みといえば朝から水族館に行っていました。
お気に入りの水槽の前から2時間も動かないミミを見ながら、こんなものかな~と漠然と思っていたこの頃、保育園から療育を勧められました。初めて聞いた「療育」…!すぐにパパに話してみると、「個性だから心配ない、考えすぎだ」と一言。相談するのを諦めて、私なりにネットで調べたり本を読みましたが混乱するばかり。


混乱しながらも、息子との生活を楽しもうとする毎日

【新連載】診断、療育…!?ASD長男のこだわり、一緒に楽しめばいい――とまどいの日々の中での画像

Upload By taeko

【新連載】診断、療育…!?ASD長男のこだわり、一緒に楽しめばいい――とまどいの日々の中での画像

Upload By taeko

【新連載】診断、療育…!?ASD長男のこだわり、一緒に楽しめばいい――とまどいの日々の中での画像

Upload By taeko

ひとまず保育園の先生を信じて療育に通わせることにしたものの、「これはどんな意味があるんだろう」「こんなことも出来ないのか...」とモヤモヤしていた私。

ミミは、療育で集中力が切れてくると「やらない」「やりたくない」と言いながらも、先生が課題のハードルを下げて少しでも出来たら褒めてくれることもあり、頑張って取り組んでいました。そんなミミを見ながら私も気持ちを切り替えて、家で楽しみながらミミのために出来る事をしたいと思い、ダンボールを切り抜いて魚を作ったり、好きな魚の絵をTシャツに描いたりしました。

すると、ミミは大喜び。毎日保育園に着て行くほどTシャツを気に入ってくれたので、結局12着描きました。園でも先生やお友達に自慢していたようで、コミュニケーションの形成に役立ったかもしれません。


4月から小学生、通級もスタート

【新連載】診断、療育…!?ASD長男のこだわり、一緒に楽しめばいい――とまどいの日々の中での画像
Upload By taeko

4月からミミも小学生。通常学級に在籍しながら、週に2時間、通級で特性に合った指導を受けることになりました。私も初めてのことばかり。一緒に成長していきたいと思います!

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.