子育て情報『「コミュ力の高い子」=「おしゃべり上手な子」ではない。これから絶対必須の能力の身につけ方』

2019年7月18日 09:21

「コミュ力の高い子」=「おしゃべり上手な子」ではない。これから絶対必須の能力の身につけ方

目次

・コミュニケーション能力はこれからの社会でより必要とされる
・そもそもコミュニケーション能力って?
・社会を生き抜くためのコミュニケーション能力を育てるには
「コミュ力の高い子」=「おしゃべり上手な子」ではない。これから絶対必須の能力の身につけ方

「うちの子はおしゃべりが苦手だし、コミュニケーション能力が低いのかも……」と悩む親は少なくありません。しかし、コミュニケーション能力の高さは、おしゃべりがうまいかどうかだけでは判断できません。今回は、これからの社会で必要とされる本当のコミュニケーション能力について紹介しましょう。

コミュニケーション能力はこれからの社会でより必要とされる

学校や職場、買い物や通院、役所での手続きなど、人は毎日の生活の中でさまざまな人とコミュニケーションを取りながら生きています。それは、子どもたちにもいえること。保育園や学校では、先生や友だちとのやりとりが欠かせません。

昨今では、教育現場においても、コミュニケーション能力がより重視されるようになってきています。幼稚園教育要領や小・中学校の学習指導要領で「主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)」に重点が置かれていることは、ご存じの方も多いでしょう。

また、2020年度から大学入試センター試験が大学入学共通テストへ変わり、マークシート方式のみだった試験に記述式問題を導入して、コミュニケーション能力とも深い関わりのある「思考力・判断力・表現力」をより適切に評価する方針に変わります。加えて、英語は、読む・聞く・話す・書くの4つの評価を通して、実践的なコミュニケーション能力が求められるようになるのも知られているところ。

このように、学習面ではもちろんのこと、今後、社会全体のグローバル化や人々の生き方の多様化が進むにつれ、よりいっそうコミュニケーション能力が求められるようになっていくでしょう。

子どものコミュニケーション能力02


そもそもコミュニケーション能力って?

日本コミュニケーション能力認定協会は、社会や企業が求める「コミュニケーション能力の高い人」の特徴を次のように述べています。

  • わかりやすく伝えることができる
  • 人のやる気(モチベーション)を高めることができる
  • 聞き上手で、相手がどんどん自分のことを話したくなってしまう
  • 相手の気持ちを察することができる
  • もっと聞きたい!と思わせる魅力的な話ができる
  • 相手に共感することができる
  • 的確な質問ができる
  • 話をまとめることができる
  • 人に好感を与えることができる
  • 人を動かすことができる
(引用元:日本コミュニケーション能力認定協会|コミュニケーション能力とは?)

同協会は、コミュニケーション能力の要素を、「聴く力」「伝える力」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.