「パパ嫌い!」はママにも原因あり?子どもがパパ嫌いという理由と予防策

2017年11月13日 18:18
 

「パパ嫌い!」はママにも原因あり?子どもがパパ嫌いという理由と予防策

みなさんのお子さんは、パパのこと嫌いって言いますか?

家庭円満のためには、パパもママも嫌いだなんて言ってほしくありませんよね。

でも、わたしは身に覚えがあります。

こんにちは、波乱万丈系フリーライターのサクです。

悪気はなくても両親に反発したり、避けてしまう時期があります。

いわゆる反抗期の「パパ嫌い」なのですが、子どもの”パパ嫌い”発言には、別の要因があるようです。

”パパ嫌い”発言にお困りのときは、以下の点に注意してみてください。

●子どもの耳に入るところでパパの悪口を言う

特に子どもとパパの間で喧嘩やトラブルがなかったにもかかわらず、子どもが突然「パパ嫌い」と言うようになった場合、ママの味方であることを示すため に、パパを敵視することがあります。

心の底から憎んでいるわけではなくても、ついパパに対しての愚痴をこぼしてしまうことってありますよね。

ママ友が家に遊びに来ているときや、電話など、相手のペースに合わせてしまうこともあると思います。

『パパのこんなところが嫌だ』

そんな話を、子どもの耳に入るところでしてしまうと、子どもはママが大好きですから、パパはママを辛い目に合わせる人だと思ってしまいます。

夫婦間で喧嘩をすることもありますが、できるだけ、パパの悪口となることを、子どもの前で言うのは避けましょう。

また、パパの評価を下げるようなことも、極力聞かせないように しましょう。

パパの給料は安いとか、出世しないとか、学歴など、子どもにとって、パパの社会的評価を下げることになります。すると、容易に「パパ嫌い」と言うようになる可能性があります。

●パパへの挨拶、お礼の言葉がない家庭

子どもには、挨拶やお礼などをしっかりすることをしつけているご家庭がほとんどでしょう。

1日の生活を通し、ママとの子どもだけの時間のほうが、パパと過ごすよりも長くなるご家庭が多いと思います。

そのため、ママと子どもの間では、おはようからおやすみ、ありがとうやごめんなさいのやりとりも増えます。

では、パパとママの間ではいかがでしょうか。

両親のやりとりや雰囲気を、子どもはよく見ています。

パパの扱いが雑だと感じると、子どもにとってパパの家庭内ポジションが、下層部にランキングされます。まずは大人同士が、しっかりと挨拶やお礼を言えるように しましょう。

●パパも育児に参加する

パパも子どもの話を聞くなど、育児への関心を行動で示してください。

今日はなにをして遊んだのか。たった一言でも構いません。

もっと聞き上手のパパは、学校ではどんなことがあったか、算数はどんな問題を解いているか、音楽ではどんな歌をならったかなど、ちょっとした出来事への関心を示しましょう。

返事から、自身の思い出トークに話題を膨らませても楽しいと思います。

子どもは自分に関心を持っていてくれるおとなを信用します 。些細な助言をしてくれたり、話を聞いてくれるだけでも、自分を受け入れてくれるひととして尊敬をします。

パパもあなたのことを心配しているよ、愛しているんだよという思いを、言葉や行動にあらわすことを、子どもたちはわたしたちおとなが考えている以上に望んでいます。

----------

これらはあたりまえのようですが、日々の生活に追われていると忘れてしまいそうなことでもあります。

つい、パパの愚痴をこぼしたり、喧嘩もします。強い口調で用事を頼むこともあると思います。

でも、子どものパパ嫌いは、ママとパパの関わり方が大きく影響しているようです。

実際に、わたしは「パパ嫌い」な子どもでした。深い理由は割愛しますが、母は父の悪口をよく言いましたし、挨拶もそこそこ。父も寡黙すぎて子育てに興味があるのかわかりにくいひとでした。

そのため、当時は一方的に父が悪いものと思っていましたが、おとなになった今、母にも父にも非があったのだとわかるようになりました。

もちろん、両親の良いところもわかるようになりました。

さて、まとめに戻りますと、ママが全面的にパパを立てて、いろいろと我慢をしろという訳ではありません。

パパも、ママのサポートや感謝の気持ちをあらわすなど、対等の対応をしなければ、ママだって疲れてしまいます。

パパ嫌い!が始まったら、反抗期を疑うだけでなく、家族のあり方を見直してみましょう。

おとな同士の風通しが良い家庭は、「パパ嫌い」を防げると思います。

●ライター/サク(波乱万丈系フリーライター)
●モデル/藤沢リキヤ

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.