子育て情報『「失敗したからと諦めないで」元Jリーガー、カレン・ロバートさんが育成年代の選手に伝えたいこと』

2020年12月8日 12:00

「失敗したからと諦めないで」元Jリーガー、カレン・ロバートさんが育成年代の選手に伝えたいこと

日本サッカー協会(JFA)の松田薫二グラスルーツ推進グループ長が、賛同パートナーを訪問し、現在の取り組みや今後の展望について話を聞くこの連載。

今回は千葉県木更津市に拠点を置く、房総ローヴァーズ木更津FCです。クラブの代表を務めるのは、ジュビロ磐田などで活躍した、カレン・ロバートさん。

木更津に素晴らしいグラウンドを建設したカレンさんと松田部長の対談後編では「ローヴァーズドリームフィールド」(人工芝グラウンド)設立の経緯に迫っていきます。
(取材・文鈴木智之)

目次

・廃校を再利用してグラウンドを確保
・サッカーだけでなくバスケ、バレーなど他競技への貸し出しも
・障がい、経済格差に関わらず一緒にサッカーができるように
・近隣クラブとの協力で女子の育成、房総エリアを盛り上げたい
・子どもたちには失敗したからとすぐ諦めず、成功するまで頑張ってほしい


「失敗したからと諦めないで」元Jリーガー、カレン・ロバートさんが育成年代の選手に伝えたいこと
カレンさんが廃校を再利用してフルピッチのサッカーグラウンドを持つことになったきっかけとは

<<前編:元Jリーガー、カレン・ロバートさんが野球人気の地、木更津にサッカークラブを作ったワケ

<グラスルーツ推進6つのテーマ>
「失敗したからと諦めないで」元Jリーガー、カレン・ロバートさんが育成年代の選手に伝えたいこと


■廃校を再利用してグラウンドを確保

松田:「ローヴァーズドリームフィールド」を見せてもらいましたが、素晴らしい施設ですね。クラブカラーの赤が鮮やかで、目に飛び込んできます。

カレン・ロバート(以下カレン):ドリームフィールドはミズノさんが作ってくれたのですが、チームカラーの赤を入れるところはこだわりました。ほかにもヨーロッパでよくある、立ち見席も設置しています。

松田:この施設を作るきっかけは、イオンモール木更津にフットサルコートを作るところから始まったのですか?

カレン:サッカークラブを運営する以上、フルピッチのサッカーグラウンドを所有することは、誰もが抱く夢だと思います。「フルピッチのコートがほしいけど、場所もないし、どうしようか」とクラブスタッフと話をしていたら、たまたま木更津市の行政の方と話をする機会があり、廃校になった中学校の再利用の話が出ていました。

松田:廃校は放置しておくと、老朽化して危険ですし、治安の悪化につながります。まさにグラスルーツ推進賛同パートナーの「社会課題への取り組み」ですね。

カレン:当時僕は海外でプレーしていたので、行政への提案は松川(耕平/ローヴァーズ株式会社取締役)がやってくれました。それで公募が通って、木更津市立中郷中学校のグラウンドと体育館を改修し、人工芝の「ローヴァーズドリームフィールド」と「中郷アリーナ」が完成しました。後者だった建物は宿舎として改築中で、2021年度の完成を目指しています。

「失敗したからと諦めないで」元Jリーガー、カレン・ロバートさんが育成年代の選手に伝えたいこと

2020年10月にオープンしたローヴァーズドリームフィールド
「失敗したからと諦めないで」元Jリーガー、カレン・ロバートさんが育成年代の選手に伝えたいこと

赤い人口芝が鮮やか

■サッカーだけでなくバスケ、バレーなど他競技への貸し出しも

松田:廃校を利用してグラウンドを作る動きは増えてきていますが、ローヴァーズさんもその形だったのですね。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.