子育て情報『チーム内で技術差が大きい、上手い子とそうでない子に分けて練習するべき? レベル差のあるチームの指導を教えて』

2023年4月14日 20:00

チーム内で技術差が大きい、上手い子とそうでない子に分けて練習するべき? レベル差のあるチームの指導を教えて

子どもたちの技術に差があって、トレーニングがスムーズにいかない。レベルで分けた方が良いのか、同学年は一緒に練習させた方が良いのか。

というお悩みをいただきました。同じ悩みは多くのチームで聞かれますが、みなさんはどうしていますか。

今回も、ジェフユナイテッド市原・千葉の育成コーチや、京都サンガF.C.ホームタウンアカデミーダイレクターなどを歴任し、のべ60万人以上の子どもたちを指導してきた池上正さんが指導のアドバイスを送ります。
(取材・文島沢優子)

池上正さんの指導を動画で見る>>

目次

・子どもには「さまざまな環境」が必要
・安易に技術の優劣で分けるのではなく、チームスポーツであることを意識させる環境づくりを
・小さいころに技術習得に時間を割きすぎると、大きくなってから認知や判断の時間にもっと時間がかかる
・インサイドキック一つ取ってみても、一人ひとり有効な蹴り方が違う
・元日本代表監督オシムさんらのトレーニングは理にかなっていた


チーム内で技術差が大きい、上手い子とそうでない子に分けて練習するべき? レベル差のあるチームの指導を教えて

(写真は少年サッカーのイメージです。ご相談者様、ご相談内容とは関係ありません)

<<サイドバックの攻撃を活かす攻撃が特徴のチーム、小4に2トップと中盤のポジショニングを教えるのが難しい。どうすればいい?

<お父さんコーチからの質問>

はじめまして。
少年団で指導をしています。相談したい年代はU-9です。

チーム内でも技術に差があります。

鳥かごやパス練習でもスムーズにいかない部分があります。

このような場合、うまい子、そうでない子に分けてやるべきですか?それとも同学年同チームであれば混合してやるべきでしょうか?

<池上さんからのアドバイス>

ご相談ありがとうございます。

9歳なので3年生でしょうか。練習はスムーズにいかないからこそやるものです。練習がうまくいくのであれば、その練習はする必要はないとも考えられませんか。
うまくいくことがいいわけではありません。

■子どもには「さまざまな環境」が必要

小学生年代の練習の運び方として「М―T―М(マッチ・トレーニング・マッチ)」を日本サッカー協会が推奨しているのはご存知かと思います。練習の最初に試合(ミニゲーム)をやって、手をつけたほうが良さそうな課題を抽出してそれを練習する。そして、そこを意識しながら、最後に再び試合をします。

この場合、試合でこのあたりがうまくいかなかったけど、どうする?と子どもたちと相談しながら練習を進めます。その際に「じゃあ今日はこんなメンバーでやろうか」と、技術が進んでいる子どもとそうでない子に分けてやってもらうことがあってもいいでしょう。その逆で、どちらの層も混ざって行うこともある。さまざまな環境を用意してあげましょう。


この「さまざまな環境」が子どもには必要です。エコロジカルアプローチ「運動学習理論」

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2023 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.