子育て情報『2022年2月「第二回 在留外国人総合調査」実施』

2022年5月26日 13:00

2022年2月「第二回 在留外国人総合調査」実施

株式会社サーベイリサーチセンターは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の収束が見えない現状ですが、今後、経済の復活において生活を共にしていく在留外国人を対象とした「人権、教育、言語、雇用、医療・保健・福祉、余暇、災害」等を網羅した総合的な自主調査を、2020年3月「第一回 在留外国人総合調査」に引き続き、時系列調査として2022年2月「第二回 在留外国人総合調査」として実施いたしました。
この調査は、当社が自主調査研究として実施しています。

調査結果は、以下の11のテーマでレポート化し公表しています。

1「在留外国人の生活における人権課題について」
https://www.atpress.ne.jp/releases/311394/att_311394_1.pdf
2「在留外国人の日本語学習について」
3「在留外国人の就労について」
4「在留外国人の子どもの教育について」
5「在留外国人の居住環境(住まい・自動車保有)や近隣関係について」
6「在留外国人の金融機関利用について」
7「在留外国人のコロナウイルス感染症について」
8「在留外国人の余暇活動について」
9「在留外国人の医療・健康・福祉について」
10「在留外国人の保険・年金について」
11「在留外国人の防災対応について」
※上記1~11はhttps://www.surece.co.jp/research/にて参照やダウンロードが可能です

[調査実施概要]
●調査地域は全国(モニターの居住地)とし、インターネットのモニター(20歳以上男女個人)に対するクローズド調査で、2022年2月2日~2月22日の期間で実施いたしました。国籍配分は、2021年末法務省「国籍・地域別在留外国人数の推移」での国籍構成を参考として設定し、999人から回答をいただきました。

[回答者属性]
本調査の対象者の属性は下記に示します。
性・年代・在留資格は「モニター」の登録属性に影響を受けているので、各種統計で公表されている割合等には合致しません。

2022年2月「第二回 在留外国人総合調査」実施

図1 性別
2022年2月「第二回 在留外国人総合調査」実施

図2 年代別
2022年2月「第二回 在留外国人総合調査」実施

図3 国籍

[トピックス]
生活シーンにおける課題のトップは「知らない人からジロジロ見られた」との回答が40.4%と最も多くなっています。次いで「職場や学校の人々が外国人に対する偏見を持っていて、人間関係がうまくいかなかった」が27.9%、「日本語がうまく使えないことで嫌がらせを受けた」

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.