子育て情報『ICT支援員に必要とされる「ICT支援員養成講座」の受講奨励のお知らせ』

2022年6月16日 11:45

ICT支援員に必要とされる「ICT支援員養成講座」の受講奨励のお知らせ

株式会社ハイパーブレイン(愛知県名古屋市、代表取締役:馬渕 雅宣)と特定非営利活動法人情報ネットワーク教育活用研究協議会(東京都中央区、会長:永野 和男 聖心女子大学名誉教授)が開発した、e-ラーニング教材「ICT支援員養成講座」が、名古屋市ICT支援員派遣業務委託における派遣要員の資格要件等に掲載されました。

GIGAスクール構想で、児童生徒一人1台の環境が整備され、その活用を支援する人材の育成が喫緊の課題となっています。ICT支援員の育成には、学校、教員、児童生徒、ソフトウェア、ハードウェア、ネットワーク関連知識等幅広い知識が必要です。それらを適切に指導できる人材は少なく、地域によって格差があるなど大きな課題がありました。
かねてより教育情報化のご支援を全国に先駆けて実施してきたハイパーブレインは、その事態を打開するべく、特定非営利活動法人情報ネットワーク教育活用研究協議会様と共同で、全国のICT支援員またはこれからICT支援員を目指す方々がどこにいても学べるe-ラーニングとして「ICT支援員養成講座」を開発いたしました。ICT支援員に必要とされる知識を網羅したe-ラーニングの受講が仕様となることで、一定程度の知識を持ったICT支援員が学校をご支援することになり、先生方も、ICT支援員も双方安心し、信頼しあってICT活用を進めていくことができるようになります。
この講座は、将来ICTや情報システムを活用した仕事への発展を目指す人向けの「A 情報技術基礎コース」とICT支援員の資格取得を目指す人、現場で活躍しているICT支援員向けの「B ICT支援員自己研修コース」からなり、主に小中学校におけるICT利活用にスポットを当てたカリキュラムです。

【Aコース概要】
A 情報技術基礎コースはIPA 情報処理推進機構が示した「IT人材に求められるITスキル標準(ITSS)V3」レベル1のカリキュラムを元に実施されます。ICTの基礎となる必要最小限の知識や用語の意味が学べます。これからの社会で最低限必要なリテラシーとなりえますから、学生や、社会人経験の浅い人にもうってつけです。ICT活用に悩む現場の先生にも役立つ基礎的な知識を学ぶことができます。

ICT支援員に必要とされる「ICT支援員養成講座」の受講奨励のお知らせ

A1-8 ネットワーク技術の活用

これは、A1-8 ネットワーク技術の活用(1)の冒頭です。最初にこの章で学ぶ内容の問が設定されており、続いて重要語がピックアップされています。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.