| cinemacafe.net


もうすぐ公開を迎える映画『嘘喰い』に、恋愛リアリティーショー「バチェロレッテ・ジャパン シーズン1」の参加者、當間ローズが出演している。この度、闇カジノの敏腕ディーラー姿の写真がシネマカフェに到着した。

本作は、横浜流星扮する天才ギャンブラー・斑目貘が、会員制の闇ギャンブル倶楽部「賭郎」でイカサマも、殺し合いも、なんでもありの超危険なデス・ゲームに挑む姿を描く。


そんな絶望的なデス・ゲームの数々の中で、貘と相棒の梶隆臣(佐野勇斗)が挑むゲームの一つ“悪魔のルーレット”の場面で、當間さんが敏腕ディーラーとして登場している。

當間さんは、「バチェラー・ジャパン」の男女逆転版、「バチェロレッテ・ジャパン シーズン1」の出演者のひとりで、イタリア・ブラジル・日本の血が流れる彼は、“愛と筋肉のハイブリッド”というインパクトあるキャッチコピーを掲げ登場。回が進むごとにその真っ直ぐで温かい人柄や、美しすぎる立ち振る舞いに心を鷲掴みにされる視聴者も。

この悪魔のルーレットが行われるのは、蘭子(白石麻衣)がオーナーを務める闇カジノ。普段は撮影では借りられない、銀座のクラブを特別に貸し切って撮影。
提供元 :

関連リンク

くらしランキング

もっと見る

キーワード

あわせて読みたい

「シネマ・ドラマ」の記事

「邦画ニュース」の記事

特集

もっと見る