くらし情報『#11 そのペニスは生きている?死んでいる?「見た目主義」な社会の体に対するイメージをひっくり返すアーティスト|GOOD ART GALLERY』

#11 そのペニスは生きている?死んでいる?「見た目主義」な社会の体に対するイメージをひっくり返すアーティスト|GOOD ART GALLERY

2018年4月6日 04:22
 

width=“100%

ーまず最初に、自己紹介をお願いします。ハロー、Be inspired! Emma Kohlmann(エマ・コールマン)です。ニューヨーク生まれで今はニューヨークとプロビデンスとボストンにほど近いマサーチューセッツ州のある変わった街に住んでる。画家で、Zineパブリッシャー。Zineは7年前に遠く離れて住む人たちとつながるために作り始めた。当時はインターネットで友達を作って、その子たちにZineを送ってた。いつもあなたのことを考えているよって伝えるために。主に水彩と墨を使って作品を作っています。キャンバスとアクリルを使うこともある。東京のKIT Gallery、コペンハーゲンのV1 Gallery、あとアメリカのいくつかのギャラリーで展示したことがある。ーエマの作品には裸がたくさん出てくるよね。過去のインタビューで「自分が興味深いと思う体の一部を描いていて、その部分が生きているのか、死んでいるのかわからない」って言ってたのがとても印象的でした。「生死がわからない体の一部」を通して何を表現しているの?私の作品は大抵、 既存の一般的な「体のイメージ」を抽象化しようとしているの。世の中は「見た目主義」だから、それを緩和させられたらいいなって思ってる。世の中に存在する「体のイメージ」とは違うものを提示したい。体の中に私たちが「美しい」って思えない部分ってあるでしょ。そんなところに興味があって、考えるきっかけを作りたい。最終的には、多様な体が受け入れられるようなインクルーシブさを作ることが目標。

width=“100%

ー「女性の体が性的な物として見られることを変えたい」とも言っていたよね。エマの絵の中に出てくる女性に見える裸はどんな視線で見られたい?作品の中で、パワーがシフトするってことを表現するのが私にとってとても重要なの。私が描く体のほとんどは女性、でも同時に男性でもあるし、両方でもある。性別を、もっとソフトで優しいものと捉えたい。力強い作品でありながら、「男性的な視点」だったり「性別に構築された価値観」をひっくり返すようなイメージを生み出したい。ー性別についてエマはどんな考えを持ってるの?社会はどんな考えを持つべきだと思う?欧米での性別に対する考えに関していえば、独断的。生まれた瞬間から「あなたは男/女です」って決めつける。色を与えられてそれに見合ったルールを押し付けられる。あなたは可愛くない、太り過ぎ、男らしくない…。でもそれぞれのルール(男らしさや女らしさ)に沿った期待を満たすことなんて誰もできない。常に何かが足りない。そんな考え方に抗おうとしても、プレッシャーから逃れることはできない。これって、生まれてきた体と心の性別が違う人だけに言えることじゃなくて、自分は男だ、女だって生まれてきた体と心が一致している人も同じで、誰も「男/女」の理想的姿を満たせる人なんていない。 アーティストとしてそういった既存の考え方に疑問を投げかけたい。

width=“100%

ーエマの作品の素敵なところは力強いのに、同時にどこか悲しそうなところだと思います。アートを通して何を表現しようとしているの?悲しみと力強さは作品に映し出したいこと。その方がリアルじゃない?私たちが生きている体を取り巻く「苦痛」があるでしょ。それぞれの人がストーリーを持っていて、光があれば、闇もある。そう言った感情を呼び起こしたいの。その分野で常に新しいことを学ぼうとしているし、私の作品を見た人にも考えて欲しい。自分の空想の世界を現実のものにしたい。それってコミュニケーションとアートでしかできないことなの。

width=“100%
▶︎これまでのGOOD ART GALLERY・ #10 「食のために毎秒4万の命が殺される」。その事実を全身で訴え続ける、“動物”に最も近いアーティスト・#9 男の子か女の子か、どちらかじゃないとダメって誰が決めたの?21歳の「性別のない」アーティスト・#8 「デブでブスだと認めることが自分を愛する第一歩」。一風変わった“ポジティブ”な考えを持つ22歳の画家▶︎オススメ記事・「苦しいなら逃げてもいい」。20代の臨床心理士が、我慢を美しいと考える日本人に伝えたいこと・日本とルーマニアという“鎖国”をしていた国をルーツに持つ彼女が、「日本の多様性」について考えたことAll photos via Emma KohlmannText by Noemi Minami ーBe inspired! 

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.