くらし情報『#011 “世界一捨てないアパレルブランド”の社長に聞いた、「50%オーガニックの洋服」を作る意味|赤澤えると『記憶の一着』』

2018年6月1日 02:26

#011 “世界一捨てないアパレルブランド”の社長に聞いた、「50%オーガニックの洋服」を作る意味|赤澤えると『記憶の一着』

こんにちは。赤澤 えるです。思い出の服を持ち寄る連載『記憶の一着』、第11回です。たくさんの服が捨てられる世の中で、残る服って何だろう。それはどうして残るのだろう。それを手放す時ってどんな時…?服の価値、服の未来、ゲストのお話をヒントに考えていく連載です。

本日のゲストは、人気ブランド「earth music&ecology(アース ミュージックアンドエコロジー)」をはじめ、15ブランド・900店舗を国内外で展開するストライプインターナショナルの創業者である、石川康晴さん。私がディレクターを務める「LEBECCA boutique(レベッカブティック)」も同社のブランドです。社会に多大な影響を与え、全く無名の私に人生最大の転機を与えた彼が選ぶ、「記憶の一着」とは?

目次

・初めて作った服、最後に作った服
・20年ぶりに始めたデザインの仕事
・叩かれても“ハーフオーガニック”


width=\
石川さんと赤澤える

初めて作った服、最後に作った服

赤澤 える(以下、える):『記憶の一着』について聞かせてください。石川 康晴(以下、石川):20年前に作ったTシャツです。90年代後半、僕が27歳の時。初めてデザインしたものと最後にデザインしたものを両方持ってきました。

width=\
石川さんが20年前に作ったTシャツ
える:石川さん、デザイナーもしてたのですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.