くらし情報『【シネマ羅針盤】『ワイルド・スピード』異色のヒット法則 日本でも興収右肩上がり』

2015年4月24日 21:00

【シネマ羅針盤】『ワイルド・スピード』異色のヒット法則 日本でも興収右肩上がり

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


“ワイスピ”の愛称で知られる人気アクションシリーズの最新作『ワイルド・スピード SKY MISSION』が世界中で大ヒットを記録し、各国の興行ランキングを爆走している。過去6作品で24億ドルもの興収をたたき出した同シリーズが築き上げた異色のヒット法則とは?

第7弾となる本作は、全米で公開されるや週末2日間で興収1億4,360万ドル(約173億円)を上げる驚異のスタートダッシュを決め、中国、ロシアなど同時期公開された67か国/地域のすべてで首位デビューを飾ったばかり。わずか11日間で全世界興収が5億ドルを突破し、ユニバーサル作品史上“最速”での達成記録を果たしている。ファン、評論家双方のレビューも上々で、今後どこまでヒットを更新するか目が離せない状況だ。

ともに2001年に第1作が公開され、同じ7タイトルが製作された『ハリー・ポッター』シリーズ(実質的には8本製作)と比較すると、いかに“ワイスピ”が曲がりくねった道を走ったかが浮かび上がる。予想外のヒットを飛ばした第1作でアクセルを踏んだものの、シリーズ途中で興行的に低迷し「次回作はDVDスルー」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.