くらし情報『関ジャニ・安田章大、長瀬智也と初共演!「フラジャイル」で余命1年の保育士役に』

2016年1月29日 13:30

関ジャニ・安田章大、長瀬智也と初共演!「フラジャイル」で余命1年の保育士役に

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


「アフタヌーン」(講談社)にて連載中の人気コミックを長瀬智也主演でドラマ化する「フラジャイル」。この度、2月10日(水)放送の第5話に「関ジャニ∞」の安田章大が余命1年の保育士・小早川洋行役でゲスト出演することが明らかとなった。

主人公は「強烈な変人だが、極めて優秀」と周囲が表する偏屈イケメン天才病理医・岸京一郎(長瀬さん)。手術はせず、組織や細胞を分析して患者の診断を下す医者・病理医であり、常にスーツ姿。口が非常に悪いため度々ほかの医者たちと衝突。一見人格破綻者のようにも見えるが、何より優先するべきは患者の命という信念があり、自分の診断は絶対であるというデータと論理に裏打ちされた自信と、患者の命を救いたいという思いがある。そんな岸の活躍を描く本作はこれまで3話が放送され、病理医の目線で描かれたという新しい内容に多くの絶賛の声が上がり、盛り上がりをみせている。

そんな中、5話でゲスト出演することが決定した安田さんが演じるのは、末期がん患者・小早川洋行。親も彼女もおらず、すでに死ぬことを覚悟しながら保育士として働いている。岸の勤める病院に訪れた小早川は余命は1年だと宣告されるも、悲壮感も無く、ただヘラヘラと笑いながらその言葉を受け止め、緩和ケア科へ入院することに。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.