くらし情報『【ディズニー】キャストがゲストに!年に一度だけ「サンクスデー」開催』

2020年1月16日 16:54

【ディズニー】キャストがゲストに!年に一度だけ「サンクスデー」開催

Photo by cinemacafe.net

15日、閉園後の東京ディズニーシーにて、一年に一度だけパークを貸し切り、上司が日頃の感謝の気持ちを込めてキャストをおもてなしする特別イベント「サンクスデー2020」が開催。東京ディズニーリゾートに関わる対象キャストの内約1万8,000人が“ゲスト”としてパークに来園した。

この「サンクスデー」とは、上司である役員や社員がキャストになり、ゲストである準社員(=キャスト)を温かく出迎え、日頃の感謝を伝える恒例のイベントのこと。昨年同様、東京ディズニーシーを貸し切って開催。福利厚生の意味合いが濃いものの、キャストにとっても改めてゲストとしてパークを訪れることでゲストの気持ちを考え、初心へと戻る貴重な機会として毎年冬場の夜に実施している。今年で通算21回目の開催となった。

同日20時15分頃、パークが再オープンすると、制服を着た上司の皆さんがズラリと並び、ハイタッチやウェルカムボードでキャストを温かく出迎える「ウェルカム・グリーティング」が実施され、その後の「サンクスデーセレモニー」には、株式会社オリエンタルランド代表取締役会長(兼)CEOの加賀見俊夫氏を筆頭に、代表取締役社長(兼)COOの上西京一郎氏、現東京ディズニーリゾート・アンバサダーの野口歩美さんなどが出席。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.