くらし情報『【予告編】殺人事件の誤報がやがて真実に…チョ・ジョンソク主演『造られた殺人』解禁』

2016年9月15日 18:15

【予告編】殺人事件の誤報がやがて真実に…チョ・ジョンソク主演『造られた殺人』解禁

Photo by cinemacafe.net

誤ったスクープをつかんだ記者と、そのスクープの拡大をたくらむ報道局、真実を暴こうとする刑事が交錯する韓国発のサスペンス・スリラー『造られた殺人』。報道の光と闇を、張り詰めた緊張感とユーモアの絶妙な組み合わせで描き出した本作から、予告編映像と場面写真が解禁となった。

離婚と解雇の危機に直面していた記者ホ・ムヒョクは、偶然耳にした情報提供の連絡を受け、連続殺人事件に関する一世一代のスクープをつかむ。しかし、入手した連続殺人犯の自筆メモは、実は小説「良辰(リャンチェン)殺人記」の一節であることを知ったムヒョクは、世間を驚かせたスクープが前代未聞の大きな過ちであったことを悟る。自らの誤報という緊急事態に巻き込まれ、不安な日々を送る一方、スクープが誤報であることを知らない報道局の上司に後続報道を迫られ、さらに、連続殺人事件の捜査を続けてきた刑事からは疑われる羽目に。その後、事件の真実を知っているという目撃者まで現れ、事態はますます混乱の中へ。そして、ムヒョクの“誤報どおり”の殺人事件が発生してしまう…。

映画は、人生のピンチを救ってくれるかのように転がり込んできたスクープが、実はさらなる奈落の底へと突き落とす誤報だと悟った記者を中心に、そのスクープをさらに掘り下げて世間の話題にしようと目論む報道局と、スクープの真相を暴こうとする刑事たちの対立関係に潜む緊張感を描いたサスペンス・スリラー。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.