くらし情報『トム・ハンクス、未曾有の航空機事故の生還者と対面!日本人がいたとは「知らなかった」』

2016年9月16日 17:36

トム・ハンクス、未曾有の航空機事故の生還者と対面!日本人がいたとは「知らなかった」

Photo by cinemacafe.net

クリント・イーストウッド監督と主演トム・ハンクスのコンビが贈る映画『ハドソン川の奇跡』の来日記者会見が9月16日(金)にザ・リッツ・カールトン東京で開催され、トム・ハンクスアーロン・エッカートが出席。実際に事故を体験した日本人乗客と対面を果たした。

本作の題材となるのは、2009年1月15日に起きた未曾有の航空機事故。制御不能になった機体をハドソン川に不時着させて、乗客乗員全員を救ったサレンバーガー機長の実話に迫るヒューマン・ドラマだ。

会見には、事故が起きたUS エアウェイズ1549便に実際に搭乗し、“奇跡”の一部始終を体験した日本人乗客の滝川裕己さん、出口適さんも参加。トムとアーロンは、「日本人搭乗客がいたことは、おふたりに会うまで知らなかった」と驚きの表情を見せた。

「荷物はちゃんと戻ってきたのか」と気にするトムだが、出口さんは「すべてクリーニングがかかって、きれいな形で戻ってきた」、滝川さんも「スーパーの会員券まで戻ってきた」と笑顔で証言。また映画については、「非常にリアルで事実が忠実に再現されていた」(滝川さん)、「命を救ったヒーローがその後に容疑者扱いをされていたとは知らなかった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.