くらし情報『奪い、奪われ“大どんでん返し”の結末は…「奪い愛、冬」最終回』

2017年3月3日 18:45

奪い、奪われ“大どんでん返し”の結末は…「奪い愛、冬」最終回

Photo by cinemacafe.net

放送作家の鈴木おさむが脚本を手掛け「不機嫌な果実」のスタッフが再集結、倉科カナ三浦翔平大谷亮平水野美紀の4人の共演で“ドロキュン”ラブストーリーを展開する「奪い愛、冬」が3月3日(金)今夜の放送で最終回を迎える。

デザイン会社勤務の主人公・池内光を倉科さんが、光の同僚で婚約者の奥川康太を三浦さんが、かつては光の恋人だったがいまは結婚している森山信を大谷さんが、信の妻で異様に嫉妬深い蘭を水野さんが演じるほか、康太の母・美佐に榊原郁恵、光の母・池内麻紀キムラ緑子、光と康太の同僚で2人を引き裂こうと暗躍する豊野秀子秋元才加、康太の元カノの尾上礼香ダレノガレ明美といったキャストが共演。

光は仕事を辞め信と共に人生を歩むことを決意するも、信にガンが見つかり余命2か月という告知を受け、2人にはまたしても残酷な運命が立ちはだかることに。

一方、康太は蘭の謎を解くために彼女を尾行、蘭が金を渡していた男から蘭の“秘密”を聞き出す。蘭は人工授精が成功し信の子どもを妊娠。信に夫婦を続けることを迫る。

そして信の病状も刻一刻と悪化、ついにスケート場で倒れ光にも病状を隠し切れなくなると、自らの余命を明かし「お前と一緒にはいられない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.