くらし情報『ジェニファー・ローレンス、セクシー衣装で悩殺!『レッド・スパロー』プレミア』

ジェニファー・ローレンス、セクシー衣装で悩殺!『レッド・スパロー』プレミア

2018年2月21日 19:42
 

関連リンク

・東出昌大が「お金の教育」に驚愕「林先生が驚く 初耳学!」
・ディーン・フジオカ&森崎ウィン、“頭が真っ白”になったときは!?「行列のできる法律相談所」
・佐藤浩市&役所広司&阿部寛の渋さと色気に注目!『友罪』ほか
Photo by cinemacafe.net

ハンガー・ゲーム』シリーズのフランシス・ローレンス監督が、ジェニファー・ローレンスと再びタッグを組んだ『レッド・スパロー』のヨーロッパプレミアが、現地時間の2月19日に行われ、ローレンス監督やジェニファーをはじめ、ジョエル・エドガートン、マティアス・スーナールツ、ジェレミー・アイアンズ、セルゲイ・ポルーニンらが駆けつけた。

ロンドンのレクスタースクエアにて行われた今回のヨーロッパプレミア。ジェニファーが今作で演じているのは、捜査対象を美貌と肉体で誘惑することに長けた“スパロー”と呼ばれる、妖艶な女スパイのドミニカ。その役どころに相応しく、今回彼女は背中と胸元が大きく開いたセクシーな衣装で登場!会場のファンの視線を釘付けにしていた。

『レッド・スパロー』(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

ジェニファーは自身の役どころについて、「彼女の人生はとても複雑なの」と前置きし、「ボリショイのプリマ・バレリーナだったんだけど、怪我でキャリアが終わってしまうの。そして、母の面倒を見ることと国への忠誠心との間に挟まれて、伯父の手でとてもサディスティックなプログラムに送り込まれてしまう」と説明。

ジェニファー・ローレンス-(C)Getty Images

そんなドミニカを演じることについては、「私は、シリーズものの作品でない限りいつも新しい役に挑戦しているわ。外国語訛も初めてだし、今回演じた役は、私がいままで演じたことのない役なのよ!」と語っており、これまでにはないジェニファーが今作では見られるようだ。さらに、男女間の賃金格差を問題視する意見を公言しているジェニファーは、「女性の力を感じることができる、いま、正に必要とされている作品だと思うわ」とコメントしていた。

『レッド・スパロー』(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

『レッド・スパロー』は3月30日(金)より全国にて公開。

(cinemacafe.net)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.