くらし情報『松田龍平の涙に「歴史に残る」「優作さんにそっくり」の声…「獣になれない私たち」第8話』

2018年11月28日 23:59

松田龍平の涙に「歴史に残る」「優作さんにそっくり」の声…「獣になれない私たち」第8話

Photo by cinemacafe.net

新垣結衣松田龍平がW主演を務め、田中圭菊地凛子黒木華らが共演する「獣になれない私たち」の第8話が11月28日オンエア。菊池さん演じる呉羽の夫・橘カイジの正体に衝撃が巻き起こるとともに、ラストでみせた松田さんの“涙”に多くの感動が巻き起こっている。

「逃げ恥」の脚本家・野木亜紀子新垣結衣が4度目のタッグを組んで、現代に生きる人々のリアルに徹底的にこだわった本作。

ECサイト制作会社勤務、全方位に神経をすり減らして生きる深海晶を新垣さんが、世渡り上手な毒舌会計士・根元恒星を松田さんがそれぞれ演じるほか、晶の恋人だったが前回別れを告げられた京谷に田中さん、恒星の元恋人だが今はネットゲーム企業の社長を結婚した橘呉羽に菊地さん、京谷の元カノ・朱里に黒木さんといったキャストが共演。そのほか犬飼貴丈、伊藤沙莉ら注目キャストも出演している。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
社員たちの不満が噴出するなかで弱気になったツクモ・クリエイト・ジャパン社長の九十九(山内圭哉)は、晶からのスタッフ増員提案を受け入れるが、採用面談に現れたのはまさかの朱里(黒木さん)。気まずそうに知り合いだと話す晶だったが九十九は逆に採用を決めてしまう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.