くらし情報『「BB-8と並ぶとすごく可愛くて」J.J.のアイディアから生まれた『スター・ウォーズ』新ドロイド』

2019年11月21日 16:00

「BB-8と並ぶとすごく可愛くて」J.J.のアイディアから生まれた『スター・ウォーズ』新ドロイド

Photo by cinemacafe.net

人気コンビのR2-D2とC-3POや、コロコロとしたキュートな見た目で大人気のBB-8など、ドロイドたちが人気の理由の1つとなっている「スター・ウォーズ」。その完結編『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』には、BB-8の相棒として新ドロイドD-O(ディオ)が登場、早くも注目を集めている。

どのドロイドも人気者だが、特にBB-8はコロコロと転がる姿や感情表現の可愛さだけでなく、ピンチのときには頼りにもなり、『フォースの覚醒』で初登場してから世界中のファンを虜にしている。

実はBB-8はJ.J.エイブラムス監督がデザインのアイディアを考えたドロイドで、彼がナプキンに違う大きさの2つの円を描いたことから、現在の姿のBB-8が誕生。見た目も仕草も可愛らしく、誰もが夢中になってしまうキャラクターとなった。

そして本作で初登場するBB-8の相棒的存在となるドロイドD-O(ディオ)も、エイブラムス監督のアイディアから生まれたという。

「BB-8よりも小さいドロイドが登場したらいいかなと思ったんだよ。それでチームとデザインを色々と考えていたんだけど、僕は一輪車のコンセプトを持っていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.