くらし情報『濃緑のジャングルが狂気の地獄に…『この世の果て、数多の終焉』予告編』

2020年6月25日 20:00

濃緑のジャングルが狂気の地獄に…『この世の果て、数多の終焉』予告編

Photo by cinemacafe.net

ギャスパー・ウリエルを主演に迎え、フランス人監督ギョーム・ニクルーが第二次世界大戦末期、仏領インドシナの凄惨な戦場を描いた『この世の果て、数多(あまた)の終焉』。この度、予告編と新たな場面写真4点が解禁された。

本作の舞台は、第二次世界大戦末期、1945年3月のインドシナ。ベトナム人民はフランス軍と日本軍に二重支配されていた。それまでフランスと協力関係を結んでいた日本軍は明号作戦と名付けたクーデターを起こし、フランス軍を一斉攻撃。たった一人、一命を取り留め、惨たらしい死体の山から這いずり出た若き兵士ロベール・タッセン(ギャスパー・ウリエル)は、森をさまよって意識を失ったところを地元の農民に救われる。

回復したロベールの目的はただひとつ、兄を虐殺したヴォー・ビン中尉への復讐を果たすこと。ヴォー・ビンはベトナム解放を求めるホー・チ・ミンの補佐官で、日本軍の蛮行も見て見ぬふりをしていた。

そんな中、ジャングルでの果てしないゲリラとの戦いで、心身共に疲弊しきったロベールはベトナム人娼婦マイと激しく体を重ね合うが…。


まさしくこの世の地獄というべき戦場の生々しい実態が容赦なく活写される。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.