くらし情報『実写版「パワーパフガールズ」の撮影が開始、アニメに“そっくり”な衣装がファンに不評!?』

2021年4月9日 12:25

実写版「パワーパフガールズ」の撮影が開始、アニメに“そっくり”な衣装がファンに不評!?

Photo by cinemacafe.net

米人気アニメ「パワーパフガールズ」の実写ドラマの撮影が、アトランタで始まった。7日(現地時間)、アクションらしきシーンを撮影している3人の写真が出回った。

アニメ版では幼稚園児だった「パワーパフガールズ」の3人は、実写版では20代の女性という設定になっていることから、キャストも20代の3人が選ばれている。赤髪・ピンクの服のブロッサム役はクロエ・ベネット(「エージェント・オブ・シールド」)、金髪・ブルーの服のバブルス役はダヴ・キャメロン(『ディセンダント』)、黒髪・グリーンの服のバターカップ役は新人のヤーナ・ペローが演じる。

写真に写っている3人は、アニメ版で「パワーパフガールズ」が着ているワンピースにそっくりな衣装を着ているが、これがアニメ版のファンに不評のようだ。「5歳の少女たちが着ていた服を、彼女たちにそのまま着せるということは予想していなかった」「忠実に再現している点は認めるが、あまりにも予算をかけていないことがバレバレ」と、キャラクターの年齢に合っていない、チープすぎるという指摘が相次いでいる。

ただ、「もしかすると“回想シーン”の撮影なのかも」と希望を持つファンも。バブルス役のダヴも、「Nylon」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.