くらし情報『ライアン・レイノルズ、ミュージカル映画の撮影終了で休業宣言&父親業に専念へ』

2021年10月18日 11:55

ライアン・レイノルズ、ミュージカル映画の撮影終了で休業宣言&父親業に専念へ

Photo by cinemacafe.net


ライアン・レイノルズが、クリスマス映画『Spirited』(原題)の自身の出番を終えたことをインスタグラムで報告した。同作は2022年公開予定のクリスマスミュージカル映画。ライアンは「ウィル・フェレルと歌って踊って砂場で遊んで、たくさんの夢が叶った。素晴らしいオクタヴィア・スペンサーとは2度目の共演だったんだよ」と2人の共演を喜んだ。

続けて「映画製作から離れてサバティカルを取るのにパーフェクトなタイミングだと思う」とつづった。「サバティカル」とは一般的に「長期有給休暇」と訳される。ライアンはストーリーズで「サバティカル」を定義した「indeed」の説明文を引用。「サバティカルの期間は2か月から1年の間とされています。有給のサバティカルの標準的な期間は6か月です」というので、ライアンも半年程度、休業するのかもしれない。「旅行、学問、大きなサイドプロジェクトを完成させるのに十分な期間であり、柔軟に対応できるでしょう」という文章の前半の“目的部分”に二重線を引き、「親」と赤字で訂正している。つまり、ライアンは3人の娘のパパとして役割をしっかり果たすためにサバティカルを取るようだ。

オクタヴィアから「休暇を楽しんで」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.