くらし情報『50セント、1993年に第一級殺人罪で起訴されたスヌープ・ドッグの実話をドラマ化』

2021年12月14日 13:15

50セント、1993年に第一級殺人罪で起訴されたスヌープ・ドッグの実話をドラマ化

Photo by cinemacafe.net


ラッパーの50セントがStarzで手掛けている、犯罪の裏側に焦点を当てるアンソロジーシリーズ「A Moment in Time」(原題)のシーズン2で、スヌープ・ドッグが1993年に第一級殺人罪に問われた事件を取り上げることが分かった。

タイトルは「A Moment in Time:Murder was the Case」。「AV Club」によると、現在脚本家を探しているという。1993年、スヌープは対立していたギャングのメンバー、フィリップ・ウォルデマリアムを射殺して殺害した容疑で起訴された。(実際に発砲したのはスヌープのボディーガードで、スヌープは共犯者の扱いで、2人は正当防衛を主張した)。

この年は、スヌープがデビューアルバム「Doggystyle」をリリースした年でもあり、裁判は同アルバムのプロモーション中に行われた。そんな話題性の効果もあったのか、アルバムは500万枚以上を売り上げたが、その中の一曲「Murder was the Case」の暴力的な歌詞は裁判に影響を与えたという。それでも、最終的に3年後の1996年、スヌープとボディーガードは無罪を勝ち取った。

スヌープは今作で50セントと共に製作総指揮を務める。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.