くらし情報『サラ・ジェシカ・パーカーがメトロポリタン美術館の音声ガイドを担当』

2010年4月26日 10:15

サラ・ジェシカ・パーカーがメトロポリタン美術館の音声ガイドを担当

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)

6月4日(金)の『セックス・アンド・ザ・シティ2』の日本公開に合わせて、キム・キャトラルら主要キャストとこの映画のプロモーションで来月末に来日するサラ・ジェシカ・パーカーが、ニューヨークのメトロポリタン美術館の音声ガイドを担当することが明らかになった。

メトロポリタン美術館の衣裳部門(Costume Institute)では5月5日から「American Woman:Fashioning a National Identity」と題し、1890年代から1940年代にかけてのアメリカ女性のファッションの変遷を追う展示を行い、サラ・ジェシカが音声ガイドの録音を先日行ったという。

「『セックス・アンド・ザ・シティ』という作品で、彼女はニューヨーク、そしてアメリカと深く関わりを持つ存在になりました。そして、(彼女が演じたキャリー・ブラッドショーという)キャラクターの人格を表すのにはファッションが大きな役割を担っているのです」と同美術館の学芸員、アンドリュー・ボルトン氏はサラ・ジェシカの起用理由を説明している。上記の展示は8月15日まで開催予定。

(text:Yuki Tominaga)

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.