くらし情報『ジェームズ・ノートン、パゾリーニ監督に全幅の信頼『いつかの君にもわかること』インタビュー映像』

ジェームズ・ノートン、パゾリーニ監督に全幅の信頼『いつかの君にもわかること』インタビュー映像

Photo by cinemacafe.net


『いつかの君にもわかること』よりジェームズ・ノートンとウベルト・パゾリーニ監督のインタビュー特別映像が解禁された。

余命宣告を受けた若き父親が、幼い息子に“新しい家族”を探し求める姿を描く本作。『おみおくりの作法』のパゾリーニ監督が新聞で見つけたある小さな記事に感銘を受け、独自の設定でキャラクターを作り映画化した。


ジェームズ・ノートン、パゾリーニ監督に全幅の信頼『いつかの君にもわかること』インタビュー映像

この度解禁されたのは、パゾリーニ監督と主人公である余命わずかなシングルファーザー・マイケルを演じたジェームズ・ノートンのインタビューを収めたメイキング映像。

まずは「脚本を読み進めるために、時折、気持ちを落ち着ける必要がある、そんな作品。愛する息子の幸せを願って、余命3ヶ月の父親が奔走する愛と希望の物語。とにかく心が打たれる」と本作を紹介するジェームズ。

ジェームズ・ノートン、パゾリーニ監督に全幅の信頼『いつかの君にもわかること』インタビュー映像

そして、パゾリーニ監督の映画に取り組む姿勢について、「一切の妥協をしないから、その決断に疑問の余地はない。信頼できる素晴らしい監督だ。彼が重視するのは、人物描写とその感情。すべてのシーンで死を感じさせる演技を意識し、人生に立ち向かう姿を見せてほしいと言われた。
ただし、重々しさも必要だとも。要求の多さに恐ろしくなったけれど、興奮もしたよ!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.