くらし情報『「間違えて別の飛行機に乗ったので出社できません」 - 米国の会社員が考えた、ありえない欠勤言い訳集』

2014年11月25日 19:34

「間違えて別の飛行機に乗ったので出社できません」 - 米国の会社員が考えた、ありえない欠勤言い訳集

「間違えて別の飛行機に乗ったので出社できません」 - 米国の会社員が考えた、ありえない欠勤言い訳集
会社に「なんとなく行きたくない」という時、仮病を使って会社を休んだ経験がある人がいるかもしれない。もちろん会社に連絡する必要があるが、米国では信じられないような言い訳をする社員がいるようだ。就職情報サイトのCareer Builderが恒例の「病欠」に関する調査を発表している。

この調査はCareer Builderが年に一度行っている病気欠勤についての調査。今年は8月~9月にかけて、全米で約310人の従業員と約2200人の企業採用担当&人事に尋ねている。

調査によると、この一年で体調が悪い訳ではないのに病気を理由に会社を休んだ従業員は28%にのぼった。ただし、この数字は昨年の32%から微減。

本当の理由について聞くと、30%が「会社に行く気がしなかった」と回答し、「休養をとりたかった」との回答も29%あった。もちろん、実際に体調が悪くて通院した人も21%いる。

その一方で「天気が悪かったから」という理由を挙げた従業員が11%いた。半数の会社にはしっかりとした有給休暇制度があるが、そのうちの23%が「会社を休むには言い訳が必要」と感じているという。

次に、会社側に社員の欠勤理由として最も怪しいものは何かを聞いたところ、下記のようなものが挙がったという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.