くらし情報『ミナミアフリカオットセイの赤ちゃんの一般公開開始 - 三重県・鳥羽水族館』

2015年6月9日 19:16

ミナミアフリカオットセイの赤ちゃんの一般公開開始 - 三重県・鳥羽水族館

ミナミアフリカオットセイの赤ちゃんの一般公開開始 - 三重県・鳥羽水族館
三重県鳥羽市・鳥羽水族館は6月8日、ミナミアフリカオットセイの赤ちゃんの一般公開を開始した。

○5月22日、ミナミアフリカオットセイの赤ちゃん誕生

ミナミアフリカオットセイの赤ちゃんは、5月22日 11時47分に誕生。

同日 9時40分頃、飼育担当者がオットセイの母親が頻繁に体を動かし落ち着きがなくなるなど出産の兆候に気がついた。その後、交代で観察を行っていたところ、約2時間後の11時47分に元気な赤ちゃんを出産した。

赤ちゃんはメスで、体長約46cm、体重は4.0kg。産まれてすぐに動き回るなど元気な様子で、翌日明け方には授乳も確認された。

母親の「ラン」はアシカショーでも活躍する同館一の美人アシカで、気の強い一面もあるものの普段はとてもおとなしい性格。今回は初めての出産だったため心配していたが、赤ちゃんを産んでからは、ショーの時とはまるで違い、すっかり母親の顔になっているという。

赤ちゃんが順調に成長しており、親子の状態が安定してきたことから6月8日より一般公開を開始した。なお、体調次第で変更になる場合もあるとのこと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.