くらし情報『東京・上野で黄金に魅了された人類の歴史を紐解く展覧会-6千年前の出土品も』

2015年8月7日 11:15

東京・上野で黄金に魅了された人類の歴史を紐解く展覧会-6千年前の出土品も

東京・上野で黄金に魅了された人類の歴史を紐解く展覧会-6千年前の出土品も
東京都・上野の国立西洋美術館は、黄金に魅了された人類の歴史をひも解く「黄金伝説展 古代地中海世界の秘宝」を開催する。会期は10月16日~2016年1月11日(月曜・11月24日・12月28日~1月1日は休館、ただし11月2日、11月23日、1月4日、1月11日は開館)。開場時間は9:30~17:30(金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)。観覧料金は一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円、中学生以下無料。

同展は、地中海地域の古代文明がもたらした金の傑作の数々を、金を題材とする絵画とともに展示し、黄金に魅了された人類の歴史をひも解くもの。先史から有史にむかうまでの時代に、トラキア、エトルリア、ローマといった地中海地域に花開いた文明を横断し、金製品を紹介する。中でも、今から6000年以上も前に作られ、ブルガリア・ヴァルナで出土した世界最古の金製品は大きな見どころのひとつであり、発見された出土の状態のまま復元展示し、世界でも類のない古代遺跡の一端を見ることができる。

また、黄金は太古の昔から不老不死や富、権力の象徴として人々の憧れであり、ギリシャ神話の世界にも黄金の雨(ダナエ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.