くらし情報『「生命の起源」解明を目指す東工大ELSI、米財団から約6億7千万円を獲得』

2015年8月7日 17:57

「生命の起源」解明を目指す東工大ELSI、米財団から約6億7千万円を獲得

「生命の起源」解明を目指す東工大ELSI、米財団から約6億7千万円を獲得
東京工業大学地球生命研究所(ELSI)は8月7日、米ジョン・テンプルトン財団(テンプルトン財団)から総額550万ドル(約6億7千万円)の研究資金を獲得し、同資金を使用する「EON(ELSI ORGINS NETWORK)プロジェクト」を開始すると発表した。

ELSIは、文部科学省世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)拠点として設立された研究機関で、生命誕生時の初期地球の環境の研究をもとに、生命誕生の謎を解明することを目的としている。同研究所の広瀬敬 所長によれば「初期の地球環境と生命の起源を同時に研究している点がユニークだとして(テンプルトン財団から)高い評価を受けた」ことに加え、「WPIプロジェクトして政府から10年間資金提供を受けることが決まっていること」などが、資金獲得につながったという。

ELSIがスタートさせる「EONプロジェクト」は、「生命はどのように生まれたのか」「生命の存在は宇宙でどれほど普遍的か」「生命の起源を説明する基本原理は何か」という3つの科学目標を中心に国際的な共同研究を推進する取り組み。具体的には、世界各地から研究者を受け入れ、その研究者を介して他の研究者とつながることで、共同研究が広がっていくようなネットワークを構築するという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.