くらし情報『庵野秀明氏、『エヴァ』完結に安堵 新たな目標「実写映画を何本か作りたい」』

2021年7月26日 17:08

庵野秀明氏、『エヴァ』完結に安堵 新たな目標「実写映画を何本か作りたい」

庵野秀明氏、『エヴァ』完結に安堵 新たな目標「実写映画を何本か作りたい」

アニメ映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が、8月13日よりAmazon Prime Videoで240以上の国と地域で配信されることを記念し、本作の原作・脚本・総監督を務めた庵野秀明氏が23日、オンラインで行われた「Comic-Con@Home(コミコン ・アットホーム)」のパネルセッションに登壇した。

庵野総監督は「本当は8年で完結させようと思っていましたが、16年かかってしまいました。全てが終わった今、ホッとしています」とラストを迎えた『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズを振り返った。

1995年にテレビシリーズとして誕生し、26年もの間SFアニメ超大作の金字塔として君臨している本作に関して庵野総監督は、「作品自体のストーリーやドラマ、技術的なクオリティは、スタッフとキャストの努力のお陰で、常になるべく高い位置にあるように頑張って維持しています。それとは別に、『エヴァンゲリオン』には世界の人に共通する何かがあったのだと思います。それは自分自身の物語として捉えられるような仕組みになっていたからなのかもしれません。一概には決められませんが、世界中の人がそれぞれ自分にとってこれだと思うものが、届いた結果なのかなと思っています」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.