くらし情報『腸内環境を整える「乾物ヨーグルト」って何?』

2015年9月8日 13:23

腸内環境を整える「乾物ヨーグルト」って何?

腸内環境を整える「乾物ヨーグルト」って何?
主婦の友社は9月14日、乾物ヨーグルトのレシピを紹介する『ヨーグルトでもどす魔法の乾物レシピ』を発売する。

「乾物ヨーグルト」とは、切り干し大根や高野豆腐、干しわかめなどの乾物を、水の替わりにヨーグルトに約7~8時間つけ、ヨーグルトに含まれる水分(ホエー)を吸わせてもどした食材のこと。乾物がプリっとした食感になるだけではなく、味や栄養面でもメリットがあるという。

作り方は「切り干し大根」の場合、ふたのある容器を用意して切り干し大根を入れ、ヨーグルトを入れてからめるだけ。もどしたあとは、ヨーグルトの水分(ホエー)を吸い込んだ切り干し大根が完成する。

栄養監修を行った学術博士・栄養士の佐藤秀美先生によると、乾物ヨーグルトは、腸内フローラを整える効果があるという。乳酸菌と乾物に含まれる食物繊維の相乗効果で腸内環境が整うため、毎日の食事に取り入れれば、免疫力アップに役立つ、としている。

また、乾物は「煮物、酢の物など日本食でしか使えない。手間がかかり、古臭い」というイメージを持つ人も多いが、同書ではそのイメージを覆す洋風やエスニック風のレシピも紹介。ヨーグルトにつけ込んだ高野豆腐のお菓子「高野豆腐のスティックケーキ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.