くらし情報『『終わりのセラフ』、第2クールは「名古屋決戦編」! OP曲はfripSideが担当』

2015年9月9日 10:00

『終わりのセラフ』、第2クールは「名古屋決戦編」! OP曲はfripSideが担当

『終わりのセラフ』、第2クールは「名古屋決戦編」! OP曲はfripSideが担当
集英社「ジャンプSQ.」にて連載中のシリーズ累計460万部を突破する人気コミック『終わりのセラフ』。2015年4月~6月にはTVアニメ第1クールが放送された本作だが、いよいよ10月からは待望の第2クールが放送される。そこで今回は、本作に関する最新情報を紹介しよう。

■第2クール総称が「名古屋決戦編」に決定
10月より放送されるTVアニメ『終わりのセラフ』は、第1クールを引き継ぎ、第13話~第24話までの全12話での放送となる。そのため作品タイトルは引き続き『終わりのセラフ』となるが、主人公・百夜優一郎が所属し一瀬グレンが率いる日本帝鬼軍(にほんていきぐん)・吸血鬼殲滅部隊「月鬼ノ組」(げっきのくみ)が名古屋の吸血鬼貴族の殲滅作戦に挑むこの第2クールについては『名古屋決戦編』と総称されることとなった。

【第2クール「名古屋決戦編」あらすじ】
新宿攻防戦にて、優一郎はミカエラと再会を果たした。しかし、ミカエラはその身を吸血鬼へと変貌させていた……。「家族」を救うため、仲間を守るため、知識と力を求める優一郎は、吸血鬼を人間に戻す方法を模索すると同時に、鬼呪装備の訓練に邁進する。一方、グレンは暮人に呼び出しを受け、衝撃の事実を告げられる。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.