くらし情報『フルサイズミラーレス機「ライカSL」がお披露目 - しっくり手になじむカメラ』

2015年11月9日 20:13

フルサイズミラーレス機「ライカSL」がお披露目 - しっくり手になじむカメラ

フルサイズミラーレス機「ライカSL」がお披露目 - しっくり手になじむカメラ
●プロダクトマネージャーが来日
ライカカメラジャパンは11月6日、フルサイズセンサーを搭載したミラーレスカメラ「ライカSL」のローンチイベントを開催した。ドイツからプロダクトマネージャーのステファン・ダニエル氏も来日。また、タッチアンドトライコーナーは常に大盛況という状態だった。

○スポーツシーンでも使えることをアピール

ライカカメラジャパン 代表取締役社長 福家一哲氏は、日本で11月末に発売する予定のライカSLについて「ライカの新たな100年のスタートにふさわしい製品」と語った。続いて登場したプロダクトマネージャーのステファン・ダニエル氏はまた、ライカSLのことを「デジタル一眼レフカメラにかわるミラーレス機」とし、「ライカSとライカMの間をうめるシステム」と位置づけている。

ライカSLのスペックなどについては、10月21日の記事『フルサイズセンサー搭載ミラーレス「ライカSL」』を参照していただくとして、ここではステファン・ダニエル氏が特にアピールしていた「EyeResファインダー」を紹介したい。

EyeResファインダーとは、ライカSL専用に開発された440万ドットの電子ビューファインダー(EVF)。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.