くらし情報『カプリチョーザ、冬の野菜や魚を使った"季節メニュー"を提供開始』

2015年11月26日 17:02

カプリチョーザ、冬の野菜や魚を使った"季節メニュー"を提供開始

カプリチョーザ、冬の野菜や魚を使った"季節メニュー"を提供開始
WDIは25日、「おいしいイタリア 冬の季節メニュー」として、「冬野菜とタラ、白インゲン豆のトマトソーススパゲティ」と「ピエモンテ風 冬ネギのオーブン焼き、サルシッチャとゴルゴンゾーラクリーム(バケット付き)」を、「カプリチョーザ」店舗(一部を除く)で販売開始した。

○「冬野菜とタラ、白インゲン豆のトマトソーススパゲティ」 などが登場

「冬野菜とタラ、白インゲン豆のトマトソーススパゲティ」は、冬野菜の「カブ」と「芽キャベツ」と、冬を代表する魚「タラ」、イタリア産白インゲン豆を、具材の味を引き立てるようにトマトソースで仕上げた。隠し味に唐辛子を使ったスパイシーさが後を引く一品になっているという。価格は1,200円(税別)。

「ピエモンテ風 冬ネギのオーブン焼き、サルシッチャとゴルゴンゾーラクリーム(バケット付き)」は、柔らさと甘さが特徴の冬ネギをゴルゴンゾーラチーズを効かせたクリームソースで、グラタン風のオーブン焼きにした。マイルドなチーズクリームソースに、サルシッチャ(ソーセージ)のうまみと塩気がアクセントになっているという。一緒に添えたバケットはソースにつけて楽しめる。価格は890円(税別)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.