くらし情報『マヤ文明の遺跡のようなデザインのゲーミングPC、約10万円から - ASUS』

2015年12月18日 17:39

マヤ文明の遺跡のようなデザインのゲーミングPC、約10万円から - ASUS

、チップセットがIntel H170 Express、メモリがDDR4-2133 16GB(最大16GB)、ストレージが250GB SSD+1TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 980(4GB)、光学ドライブがDVDスーパーマルチ。OSはWindows 10 Home 64bit。

主なインタフェースは、Gigabit Ethernet対応有線LAN×1、IEEE802.11ac/a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0、USB 3.1×2、USB 3.0×4、USB 2.0×2、HDMI×1、DVI-I×1、DisplayPort×3、マイク入力 / ヘッドホン出力など。本体サイズはW104×D358×H340mm、重量は約6.38kg。

○R.O.G. G20CB G20CB-I7G960

「G20CB-I7G960」は、グラフィックスにNVIDIA GeForce GTX 960を採用するモデル。店頭予想価格(税別)は174,800円前後。きょう体デザインや機能は、上記モデルとほぼ共通で、メモリがDDR4-2133 8GB(最大16GB)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.