くらし情報『ミュージカル『エリザベート』2022年〜2023年上演決定! 新ルドルフに甲斐翔真・立石俊樹』

2022年1月27日 18:00

ミュージカル『エリザベート』2022年〜2023年上演決定! 新ルドルフに甲斐翔真・立石俊樹

ミュージカル『エリザベート』2022年〜2023年上演決定! 新ルドルフに甲斐翔真・立石俊樹

ミュージカル『エリザベート』が2022年〜2023年に上演されることが27日、明らかになった。

同作は1992年にウィーンで初演をむかえて以来、世界中で上演されているミュージカル。日本では1996年から宝塚歌劇団、2002年からは東宝版の上演が行われている。オーストリア=ハンガリー帝国の皇后・エリザベート(花總まり/愛希れいか)の生涯を描き、ハプスブルク家の崩壊の物語に、"死"の概念である黄泉の帝王・トート(山崎育三郎 ※東京公演のみ/古川雄大/井上芳雄 ※福岡公演のみ)を絡めた。

2020年4月〜7月に上演を予定していたものの、新型コロナウイルスの影響で全公演中止に。新たに2022年〜2023年に4都市での上演が決定した。

日本初演の『エリザベート』でタイトルロールを世界最年少で演じ、本場ウィーンの製作陣からも高い評価を得て2019年にはオーストリア共和国有功栄誉金章受章、国内でも読売演劇大賞優秀女優賞、菊田一夫演劇賞大賞を受賞した花總まりは、本公演が四半世紀以上を共に歩んだエリザベート役の集大成となる。2019年より花總とともに同役を演じた愛希れいかは、ミュージカル『マタ・ハリ』『泥人魚』などに加え、NHK大河ドラマ『青天を衝け』、ドラマ『潜水艦カッペリーニ号の冒険』など多方面での活躍を経て、本公演も花總とWキャストでエリザベートを演じる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.