くらし情報『iPhoneを長持ちさせるポイントは? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ』

2016年3月26日 09:00

iPhoneを長持ちさせるポイントは? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

iPhoneを長持ちさせるポイントは? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『iPhoneを長持ちさせるポイントは?』という質問に答えます。

***

「長持ち」という言葉は、iPhoneなどスマートフォンの場合複数の側面があります。2011年秋発売のiPhone 4sが2015年秋公開のiOS 9にサポートされていること、2016年秋に公開されるであろう次のiOSではサポート外となる可能性が高いことを考慮すると、その期間をフルに活用できる5年が長持ちの目安となりそうです。

長持ちさせるための必須条件は、当然ですが「本体がしっかりしていること」です。落下させると画面が割れたりボタンが外れたり物理的な故障につながりますから、ケースを装着するなどの配慮が欠かせません。Apple Care+などの保証プログラムに入る手もありますが、1年の保証が2年に延長されるに過ぎず、5年には遠く及びません。フタ付きのポケットなどうっかり落ちない場所で持ち歩く、万一落としても壊れないようケースを装着する、これが基本です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.