くらし情報『iPhoneを長持ちさせるポイントは? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ』

2016年3月26日 09:00

iPhoneを長持ちさせるポイントは? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

水没にも要注意です。引き上げる速さにもよりますが、水没させるとかなりの確率で修理が必要になります。水回りでの使用には注意する、特にトイレに持ち込まないことはルール化すべきでしょう。

バッテリーの充放電も重要です。過充電/過放電はバッテリーの寿命を縮めるため、残量を20~80%の範囲内で保つよう継ぎ足し充電したほうが長持ちします。バッテリーが次第に性能低下することは避けられず、5年間フル性能を発揮し続けることは難しいものの、交換が1度で済むのか2回以上行うのかは、維持費用という点で見逃せないポイントです。

もう1つ、発表から2年を経過したあたりから、最新のiOSにアップグレードするかどうかの判断が重要になってきます。iOSはメジャーバージョンが上がるたびに高機能化し、それに応じてシステムの負荷が高まり動作が重くなる傾向があります。iOSはアップグレードすると元に戻せない(ダウングレードできない)仕様のため、反応がスローなiPhoneを使い続けなければならなくなります。新機能の恩恵は受けられませんが、軽快な操作感のまま長く使い続けたければアップグレードを見送るのも一考でしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.