くらし情報『日向坂46渡邉美穂、ラストステージで涙「日向坂46は私の人生の一部」』

2022年6月29日 12:30

日向坂46渡邉美穂、ラストステージで涙「日向坂46は私の人生の一部」

日向坂46渡邉美穂、ラストステージで涙「日向坂46は私の人生の一部」

日向坂46の渡邉美穂が28日、東京国際フォーラム ホールAで開催された「渡邉美穂 卒業セレモニー」に出演し、アイドルとしてラストステージを飾った。

けやき坂46時代の楽曲「ハッピーオーラ」のイントロと共に、ステージ中央から渡邉が登場。涙を堪えるような表情を見せながらも他のメンバーと合流し、パフォーマンスを行なった。キャプテンの佐々木久美が「来てしまいました、この日が」と話すと、渡邉は「いや〜、実感湧かないですね」「ラストステージで奇跡のように全員が揃うのが、持ってるなーって思います」とおどけた様子で、久しぶりに全メンバーが揃ったライブに喜びを嚙みしめていた。

渡邉が参加しているユニット曲、2期生曲も多数披露。加藤史帆、上村ひなのとのユニット・リスペクトスリーの「やさしさが邪魔をする」や埼玉出身の金村美玖、丹生明里とのユニット・カラーチャートの「あくびLetter」のほか、2期生初の楽曲「半分の記憶」、「沈黙が愛なら」を涙まじりにファンヘ届けた。

中盤には、1期生と3期生が渡邉とのパフォーマンス権をかけて、渡邉に関するクイズコーナーを実施。仲の良い先輩の加藤が2問先取するも、3期生が追い上げをみせ、最後のボーナス問題を正解し、渡邉がずっとやりたいと言っていたという3期生曲「Right?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.