くらし情報『鈴木保奈美が18年ぶり連ドラ主演! 安田成美から"とんねるず夫人"リレー』

2016年6月29日 09:02

鈴木保奈美が18年ぶり連ドラ主演! 安田成美から"とんねるず夫人"リレー

鈴木保奈美が18年ぶり連ドラ主演! 安田成美から"とんねるず夫人"リレー

女優の鈴木保奈美が、8月13日スタートの東海テレビ・フジテレビ系ドラマ『ノンママ白書』(毎週土曜23:40~24:35、全7回)で、18年ぶりに連続ドラマの主演を務めることが29日、明らかになった。

このドラマは、鈴木演じる中堅広告代理店に勤める49歳・バツイチ・子ども無しの土井玲子が、50歳を前に恋に仕事に奮闘していく姿を描くもの。精神科医・香山リカの新著『ノンママという生き方~子のない女はダメですか?~』(7月7日発売)と連動し、伴一彦が脚本を担当する。

98年のフジ系『ニュースの女』以来の連ドラ主演となる鈴木は「主演ということに関して、突き詰めると具合が悪くなりそうなので、あまり考えないようしています(笑)」と言いながら、自身の役柄について「真面目で仕事を愛し、人の悪口を言わない女性。そんな土井を私自身、徐々に好きになっているところです」と愛着がわいているようだ。

今作が放送される"オトナの土ドラ"枠では現在、木梨憲武夫人の安田成美が主演を務める『朝が来る』が放送されているが、バトンタッチを受けるのは、石橋貴明夫人の鈴木で、とんねるずの両夫人がドラマ主演をリレーすることになる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.