くらし情報『"キュンキュン日本一"を目指す月9『好きな人がいること』藤野P(前編)「憧れてマネしたくなるステキなシーンを」』

2016年7月9日 12:00

"キュンキュン日本一"を目指す月9『好きな人がいること』藤野P(前編)「憧れてマネしたくなるステキなシーンを」

"キュンキュン日本一"を目指す月9『好きな人がいること』藤野P(前編)「憧れてマネしたくなるステキなシーンを」

●若い世代がラブストーリーを求めている
「月曜9時の夏ドラマ、ラブストーリー、海! この3つがそろったら最強なんです!」…キャストの三浦翔平が、そう興奮して紹介した新月9ドラマ『好きな人がいること』が、いよいよ11日にスタートする。三浦がこの言葉を述べたライブ配信での制作発表は、64万人以上が視聴し、Twitterの公式アカウントは、6月の時点で当時放送中の春ドラマ全てのフォロワー数を抜き去るなど、放送前から大きな話題を集めている。

制作を手がけるのは、昨年夏の月9『恋仲』(※)と同じチーム。同作で年甲斐もなく"キュンキュン"してしまった筆者(30代男性)が、この夏もときめくことができるのかを確認すべく、「"キュンキュン"をやらせたら日本一を目指すチーム」を率いるフジテレビの藤野良太プロデューサーを訪ねた――。

(※)『恋仲』…2015年7月~9月放送。福士蒼汰演じる三浦葵が、本田翼演じる芹沢あかりと運命の再会を果たし、さまざまな障害に七転び八起きしながら本当の恋をつかんでいく姿を描く、月9王道の純愛ラブストーリー。胸キュンな展開で、若い世代を中心に支持を集めた。

――湘南の海でロケが行われていますが、しっかり焼けてますね(笑)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.