くらし情報『中野裕太がドラマ初主演! ステージで殺人事件を謎解く脚本家役に』

2016年7月21日 12:00

中野裕太がドラマ初主演! ステージで殺人事件を謎解く脚本家役に

中野裕太がドラマ初主演! ステージで殺人事件を謎解く脚本家役に

俳優・中野裕太が、8月29日(24:54~25:59/関西ローカル)に放送される読売テレビの番組『脚本家と女刑事』で、初めてドラマ主演を務めることが21日、発表された。

本作の主人公は、物語を紡ぐ能力は非常に高いが遅筆なせいで常に周囲を困らせている、小さな劇団「シマウマミサイル」の脚本家・寺山薫平。そんな彼と対になる存在で、学生時代は劇団の看板女優だった井上カオルコは刑事として事件解決に奔走するも、早合点の繰り返しでなかなか真実にたどり着けないでいる。ある日、カオルコが謎の多い殺人事件について寺山に意見を求めると、その筆が進み始め、事件解決はなぜか舞台の上で行われることに。個性的な劇団員と共に、カオルコまでステージに立つことになってしまう。

中野が演じるのが、この謎の多い殺人事件を脚本に書き上げ、舞台上で事件を解決に導く寺山。事件の話を持ちかける女刑事・カオルコ役は、皆本麻帆が務める。このほか劇団員として、浅見れいな須賀健太藤村聖子日向丈が出演。加えて、事件の容疑者となる専業主婦を演じる荻野友里、その関連人物として北山雅康、松野井雅、森田涼花ちすんらも登場する。

なお中野は、7月27日放送される日本テレビ系ドラマ『家売るオンナ』(毎週水曜22:00 ~23:00)の第3話にも出演。家に最低限のモノしか置かない"ミニマリスト男"役に挑戦している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.