くらし情報『AKB峯岸、総選挙の裏目標「名言を残す」- 向井地は神7なら「ブルマで滝行」』

2017年5月13日 17:16

AKB峯岸、総選挙の裏目標「名言を残す」- 向井地は神7なら「ブルマで滝行」

AKB峯岸、総選挙の裏目標「名言を残す」- 向井地は神7なら「ブルマで滝行」

アイドルグループ・AKB48が12日、東京・秋葉原のAKB48劇場で新公演「サムネイル」の初日を迎え、公演前の囲み取材で横山由依峯岸みなみ向井地美音らが、6月に開催される「第9回AKB48選抜総選挙」への意気込みを語った。

総監督の横山は「昨年は11位で、一昨年よりランクをひとつ落としてしまったので、改めて総監督として今年は7位以内という目標を掲げて、自分もグループも上を目指し、また第一党になるのが目標です」とコメント。

小嶋陽菜が卒業し、唯一の1期生となった峯岸は「数々の名言を残したメンバー達がいなくなった今、自分もそういうメンバーたちと戦ってきた時代の背景もありながら、何か名言を残せたらというのも裏目標です」と明かした。

また、向井地は「目標は7位以内です。AKB48が第一党というのはもちろん、選抜16位以内でも、神7の中でAKB48が第一党を獲りたいです!」と闘志を燃やし、選挙公約を求められると「ブルマで滝行」と宣言した。

「サムネイル」公演は、昨年の総選挙で最多議席を獲得したグループのみに贈られる特典の新公演で、その名の通り、8thアルバム『サムネイル』の楽曲を盛り込んだセットリストで展開。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.