くらし情報『菊地凛子、ボディラインくっきりの輝くドレスで圧倒的存在感 第15回TAMA映画賞』

菊地凛子、ボディラインくっきりの輝くドレスで圧倒的存在感 第15回TAMA映画賞

菊地凛子、ボディラインくっきりの輝くドレスで圧倒的存在感 第15回TAMA映画賞

第15回TAMA映画賞の授賞式が26日に東京・パルテノン多摩にて行われ、受賞者が揃った。

『658 km、陽子の旅』で最優秀女優賞を受賞した菊地は、ギラギラに輝くドレスで、会場内でも圧倒的存在感を発揮。「映画は完成してから観客の皆さんに手渡されますけど、心に残っていたのだと実感することができて、大変嬉しく思いますし、とても励みになりました」と受賞の喜びを表した。

同作については、「ロードムービーなので最初から最後まで一つもかけることもなく彼女の1日をやってくわけですけど、一つ一つ進んでいくにあたって彼女が心を開いたり成長していったり自分を見直したりしていくんですが、そういった心の変化とか動きがあり、どうしたら彼女でいれるか考えて過ごしてやっていたと思います」と振り返る。今後については「とにかく丁寧に真摯に向き合っていければいいなと思っています。またこうして映画に巡り合うことを願って頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします」と意気込んだ。

○■受賞一覧

■最優秀作品賞
『怪物』(是枝裕和監督 及びスタッフ・キャスト一同)
『雑魚どもよ、大志を抱け!』(足立紳監督 及びスタッフ・キャスト一同)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.