くらし情報『夏帆、女子アナウンサーを演じる「独特の雰囲気や佇まいがあって」』

2018年2月6日 14:00

夏帆、女子アナウンサーを演じる「独特の雰囲気や佇まいがあって」

夏帆、女子アナウンサーを演じる「独特の雰囲気や佇まいがあって」

2019年公開予定の映画『きばいやんせ!私』の製作発表記者会見が5日、都内で行われ、主演の夏帆をはじめ、太賀、愛華みれ、榎木孝明、武正晴監督、脚本家の足立紳、嶋田豪プロデューサーが出席した。

映画『きばいやんせ!私』の製作発表記者会見に出席した夏帆、太賀(左から)

夏帆主演の本作は、2014年に公開して大ヒットを記録した映画『百円の恋』の武正晴監督と脚本家・足立紳の名コンビによる最新作。日本本土最南端の町、鹿児島県の南大隅町を舞台に、将来を見失っていたテレビウーマンが町の奇祭を取材する過程で成長していく様を描くヒューマン・コメディとなっている。

3月のクランクインまで1カ月となったこの日は、キャスト陣と製作陣が勢揃いして記者会見。主人公の貴子を演じる夏帆は「武監督と足立さんの映画にお声を掛けていただいてとれもうれしく思っています。本がとても面白くて、演じる貴子はとても魅力的なんですが、難しいなとも感じています。撮影まで1カ月あるので、きちんと準備をして臨みたい」と意気込みを。劇中で演じる貴子は女子アナウンサーだが、「アナウンサーって独特の雰囲気や佇まいがあり、そういうところをきちんと表現するために今は実際のアナウンサーの方とお会いして、喋りを勉強しています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.