くらし情報『東大生は社会人よりも手帳で「タスク管理」している! - 会議内容までも上』

2013年10月31日 08:30

東大生は社会人よりも手帳で「タスク管理」している! - 会議内容までも上

東大生は社会人よりも手帳で「タスク管理」している! - 会議内容までも上
高橋書店は、東京大学に通う1~4年生に対して、手帳の利用実態について調査した。調査期間は年9月17日~18日、東大赤門前の街頭調査により、有効回答数は100名。

東大生が手帳を利用したきっかけは「やるべき事の漏れを減らすため」(68.0%)、「時間を上手に使うため」(45.0%)などで、タスク管理が主な動機となっていた。また男性は女性と比べ「アイデアを書き留める」が高い。3年生になると「資格取得やダイエットの目標を達成するため」が高いなど、就職活動を意識していると思われる項目が増える。

○東大生が社会人より手帳に書いているのは…?

スケジュール以外に何を書いているのかを聞くと、「タスクリスト」が65.0%でトップと なり、これは手帳利用のきっかけでタスク管理の項目が筆頭にあがっていたことと矛盾しない。

社会人の結果と比較すると、「タスクリスト(東大生65.0%<社会人53.1%)」「会議や打ち合わせの内容(東大生27.0%<社会人17.3%)」「思いついたことやアイデア(東大生36.0%<社会人22.8%)」といった項目で、東大生が一般社会人を上回るという結果になった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.