くらし情報『幾田りら&あの、共演は“運命的”「2人じゃなかったら成り立っていなかった」』

2024年5月29日 18:00

幾田りら&あの、共演は“運命的”「2人じゃなかったら成り立っていなかった」

幾田りら&あの、共演は“運命的”「2人じゃなかったら成り立っていなかった」

浅野いにお氏が手掛けたコミック作品『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』がアニメーション映画化。前章が3月22日に、その続きを描いた後章が5月24日に公開された。今回、主人公・小山門出と“おんたん”こと中川凰蘭の声を演じた、幾田りらとあのにインタビュー。アーティストとしても活動する2人が、“運命的”だと感じた今回の共演について話したほか、アフレコを通して感じた“互いのすごさ”を明かしてくれた。

○幾田りら、あのの音楽的表現に感嘆

――それぞれ門出役が幾田さん、おんたん役があのさんに決まったときの心境を聞かせてください。

幾田:偶然なのか必然なのか、音楽をやってる2人でW主演を務めさせていただくことに、私は運命的なものを感じました。

2人とも音楽をやっているというところに、その2人のコンビネーションでしかできない門出とおんたんが生まれるといいな思っていたので、初めてあのちゃんが演じたおんたんの声を聞いたときに「すごいっ!」と思いました。

おんたんは早口で難しい言葉を話したりするので、なかなか聞き取れなかったり、抑揚がわかりづらかったりすると思うんですが、あのちゃんは音楽で培った表現力を持っているからか、音程がついてたり、リズムが早くなるところと、ゆっくりになるところの強弱が上手。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.