くらし情報『新垣結衣&夏帆、10代ぶりの共演も時間を感じさせない安心感「すごく不思議な感覚」』

2024年5月29日 20:01

新垣結衣&夏帆、10代ぶりの共演も時間を感じさせない安心感「すごく不思議な感覚」

新垣結衣&夏帆、10代ぶりの共演も時間を感じさせない安心感「すごく不思議な感覚」

映画『違国日記』(6月7日公開)の公開直前イベントが29日に都内で行われ、新垣結衣、夏帆、瀬田なつき監督が登壇した。

同作は、ヤマシタトモコ氏による同名コミックの実写化作。人見知りな小説家の高代槙生(新垣結衣)は、姉夫婦の葬式で無神経な言葉を吐く親族たちとたらい回しにされる姪・朝(早瀬憩)の様子を見て、勢い余って私が引き取ると啖呵を切ってしまう。なかなか理解し合えない寂しさを抱え、一緒に居ることでお互いの癒えない傷口に自然と触れてしまう2人だが、丁寧に日々を重ね生活を育むうちに傷と向き合うようになっていく。監督は、『PARKS パークス』『ジオラマボーイ・パノラマガール』の瀬田なつき氏が務める。
○■新垣結衣&夏帆、映画『違国日記』公開直前イベントに登場

今作で芝居での共演は初となる新垣と夏帆。新垣は夏帆について「10代のときにお仕事でご一緒していて、そこから10年以上共演することはなかったんですけど、ずっと昔から知っている人という意識はあって。本読みのときに初顔合わせになったんですけど、そのときから『わぁ~久しぶり~』みたいな感じで距離がなかった」と話す。
夏帆が槙生の親友・醍醐を演じたことについても、新垣は「夏帆ちゃんが醍醐を演じると聞いたときにも、醍醐と槙生の歴史、一緒に過ごしてきた時間を表現するときに安心感があると感じていて、すごく不思議な感覚でした」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.